貯金ができる人、できない人の特徴をまとめてみました

貯金ができる人とできない人では、何が違うのでしょうか。

同じくらいの年齢で、同じ程度の収入のはずなのに、貯金の額が全然違うのでは何かが大きく違うはずです。両者を比べてみると、日常生活の行動パターンが違ってくることが特徴的です。

貯金ができている人は、計画的に生活し、お金の引出日が決まっており、貯金とは別に、結婚式のお祝金などの不意の出費に備えて対応できるようにしていることなど、このような不意の出費を仕方ないと思って今月の給料から出すということがないのです。

職場の人や友人などとの飲み会や交友費をあらかじめ決めておき、それ以上は断るという計画と決意。カードの使用をなるべく控え現金で買い物をする。ギャンブルを行わない。など、貯金のできない人から見ると堅実すぎて面白みがないと思われるかもしれませんが、堅実でありながら現実的なのが特徴です。長い人生の人生設計を立て、結婚のこと、出産のことや育児のこと、老後のことをしっかりとあらかじめ考えて計画を立てることが大事だと知っているのです。そうした自分に見合った計画を立てたら、それに合わせた貯金のできる生活のリズムというのが出来上がっているのです。貯金のできない人の特徴はそこが大きく違います。

お金をためるためのリズムというのが出来ていないのです。長期的な計画性を持ち合わせていないので、平均以上の収入があってもそれを使い切ってしまいます。同じように生活をしていると思っていた職場の同僚と3ケタも4ケタも貯金の額に差が出来ている。やはり、お金というものの価値をしっかり考えて、予算を立てることです。貯める額の目標額を設定するのも大切です。

そして、カード払いをやめる。お金をためるのがつらいという考えを持っている人が多いので、その意識改善が大切となります。

自分がお金を使ってしまう習慣を見直し、お金を貯められる人と同じように自分に合った生活リズムを作っていきましょう。

お金をためるのに一番大切なのは、行動パターンを変えてお金をためるのではなく、計画性を持ってお金と向き合っていくことで行動パターンを変化させることです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ