夏のムレやかゆみが気になるときのデリケートゾーンのケア

夏になるとやけにデリケートゾーンがかゆくなると思っていませんか。また、ムレが気になって仕方がない人も多いでしょう。やはり、暑くなると全身からたくさんの汗が出ますので、どうしても下着を履いていることもあってムレやすくなってしまいます。一年中、同じ下着を身につけていませんか。夏はちょっと違った下着を身につけることも考えてみてください。

ムレによって、いろいろな不快な症状が出るのですが、かゆみは我慢ができなくてつらい思いをしたことがある人も多いでしょう。こういうことにならにようにするためにも、通気性の良い下着を身につけてください。特に、天然素材がおすすめです。肌に優しいので、かゆみが起きにくくなります。また、コットン100%などの天然素材なら、通気性も良いです。化学繊維は、汗の吸収率があまり良くないので、天然素材を選ぶようにしましょう。

下着の通気性が良くてもストッキングやレギンスなどの通気性が悪いと結局、デリケートゾーンがムレてかゆくなってしまいます。だから、下着と同じように通気性が良い素材でできたストッキングやレギンスをなるべく選ぶようにしましょう。通気性が改善されるだけでずいぶんと違います。

生理用ナプキンなどでムレやすくかゆみが出やすい人は特に気をつけましょう。お風呂でデリケートゾーンを洗う時は、ごしごしとこすらないで優しく丁寧に洗いましょう。できればデリケートゾーン専用のボディソープを使ったほうが良いです。より肌への刺激が抑えられますし、臭い対策にもなります。

どうしてもかゆくて仕方がないときは、デリケートゾーン専用の軟膏を塗ってください。そうすれば、かゆみが抑えられます。通気性を改善することを最優先することをおすすめします。今では、吸湿速乾タイプの下着も多く出回るようになりましたので、こういう下着を選びましょう。かなり快適になるはずです。通気性を重視してもうデリケートゾーンがムレたりかゆくならないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ